HashigoFitnessへようこそ! 筋トレをとおして健康な人生をおくろう!

オンラインフィットネスのメリット | 【継続のコツ】も紹介します

オンラインフィットネスを始めようか迷っている人。

 

「オンラインフィットネスが気になるけどメリットやデメリットを知りたいなぁ」
「もし始めてもきちんと続けられるか不安」
「いろんなサービスがあるけどどこを選べばいいか分からない。。。」

 

こういった疑問にお答えします。

 

この記事を書いているのは、筋トレ歴3年の元体育教師です。
オンラインフィットネスの利用経験にも基づいて解説します。

オンラインフィットネスのメリット

 

オンラインフィットネスのメリットはこちら

 

  • 時間を有効的に活用できます
  • 費用が圧倒的にお得です
  • 一人で思いっきり楽しめます
  • 多人数でも思いっきり楽しめます
  • プログラムの数が豊富です

 

順に説明しますね。

 

時間を有効的に活用できます

オンラインフィットネスだと時間を有効的に使えます。

 

まず、ジムなどに通う場合と比べると移動時間が「0」という点で圧倒的にムダな時間が省けています。

 

ジムまでの移動時間が20分とすると往復で40分かかります。
週に3回通ったとして、年間で96時間も移動だけで使うことになります。
96時間というと、まる4日間です。
まるまる4日間あれば歩きで東京から名古屋まで行けちゃうくらいの時間です。

 

あと、すきま時間に手軽にできる点でも有効です。
例えば、「準備に3分、運動10分、片付け3分」と 20分もあれば1レッスンこなすこともできます。
ジムでのスタジオレッスンであれば移動時間も入れて1~2時間くらいは確保しておかなければいけません。

 

私も筋トレをするのにジムに通ってますが、往復で20分くらいかかります。
毎日この20分がもったいないなぁと思っているので、いずれはホームジムを作ってムダ時間をなくそうと思っています。

 

費用が圧倒的にお得です

オンラインフィットネスだと費用が圧倒的にお得です。

オンラインフィットネスのタイプによって異なりますが、おおよその1ヶ月の価格は下記の感じです。

 

  • 動画配信タイプ  : 「500円~2,000円」くらい
  • ライブ配信タイプ : 「1,000円~10,000円」くらい
  • パーソナルタイプ : 「20,000円~50,000円」くらい

 

一般的なスタジオレッスンのあるフィットネスジムだと1ヶ月で「10,000円~20,000円」くらいなので、動画配信タイプなどは10倍以上お得にレッスンが受けられることになります。

 

パーソナルタイプについても、一般的なパーソナルジムで1ヶ月「150,000円~200,000円」くらいなので、おおおそ10倍くらいお得にレッスンが受けられます。

 

なぜオンラインフィットネスの価格が安いのか?
それは、スタジオなどの設備やスタッフなどにかかる固定費が低く抑えられているからです。
明確な理由があって価格が安いので、安かろう悪かろうという心配はしなくても大丈夫です。

 

安くてもしっかりとしたサービスが受けられます。

 

一人で思いっきり楽しめます

オンラインフィットネスなら一人で思いっきり運動が楽しめます。

 

運動が苦手な人やエクササイズをあまりやったことがない人は、自分の動きが変だったらどうしようって不安になりますよね。

 

私もはじめてスタジオレッスンを受けたときに鏡に映った自分の動きが思ってたものと違って少し恥ずかしかった経験があります。

 

実際には、気にしなくてもいいことなんですが、そこはやっぱり恥ずかしいという気持ちがどうしても出ちゃいます。

 

その点、オンラインフィットネスなら一人でできるので、周りの目がちょっと気になるなぁという人も思いっきり身体を動かすことができます。

 

多人数でも思いっきり楽しめます

オンラインフィットネスは多人数でも思いっきり楽しめます。

 

「私は一人だとやる気が出ないので、一緒に頑張れる仲間がほしいなぁ」という人は、グループ型のライブレッスンがおすすめです。

 

zoomなどで他の参加メンバーの姿を確認しながらできるので、自分も頑張ろうって気持ちが湧いてきます。

 

特に今のご時世だと、コロナ感染リスクを考えて大人数で楽しくワチャワチャってやりずらいですが、オンラインであればそんな心配もなくノーマスクで声を掛け合うこともでるのでストレス発散にも効果的ですね。

 

プログラムの数が豊富です

プログラムが豊富なので自分に合ったエクササイズを探すことができます。

 

  • 脚痩せ
  • お腹まわり
  • ヨガ
  • 筋トレ
  • ダンスエクササイズ
  • ストレッチ
  • セルフマッサージ

 

上記もほんの一部で、もっといろんなジャンルのレッスンが用意されているので、自分に合ったプログラムを探しやすいですね。

 

また、動画配信などでは、たとえば「ヨガ」のレッスンをやってみて、なんか違うなぁ。。と思ったら途中でやめて別のプログラムを試してみるなんてことが気軽にできるます。

 

スタジオレッスンだったら、なんか違うなぁと思っても途中で退出しずらいですもんね。

 

いろいろ試して、自分が一番楽しめるプログラムを探せばいいと思います。

 

楽しむことが一番大事です!

 

オンラインフィットネスのデメリット

 

オンラインフィットネスのデメリットについても確認しておきましょう。

 

簡単にサボれる

これがオンラインフィットネスの最大のデメリットだと思います。
手軽に簡単におこなえる半面、人の目を気にせずに簡単にサボることができます。

 

家にいると周りには誘惑だらけ、レッスンする前にスマホでちょっとyuotube。。
レッスンやろうと思ってテレビをつけたらちょっと面白そうな番組が。。。これ見てからにしよう。。。とかとか。。ついついサボりがちになっちゃいます。

 

人によっては、自分なりに上手く続けていけるような工夫をしないと継続が難しくなるかもしれません。

 

IT機器に詳しくないと少しだけ苦戦するかも

運動をしやすい環境を作るために少し設定に苦戦するかもしれません。

 

私はスマホの画面で大丈夫!という人は問題ないかもしれませんが、もう少し大きな画面でレッスンをしたいなぁという人は、パソコンやテレビに写すための設定が必要な場合があります。

 

そういった方法は各サービスのヘルプで説明があると思いますが、少し苦戦する人もいるかもしれません。

 

そこそこ有名どころのサービスであれば、ググればだいたいの対策がでてくるので大丈夫だとは思いますが、サービスを始める前に確認をしておいた方がよいでしょう。

 

オンラインフィットネスを継続させるコツ

 

オンラインフィットネスを始めたはいいけれど、続けられるか不安です。。という人は少なからずいると思います。

そんな方に、継続して頑張れるコツを紹介します。

 

SNS発信でやる気アップ

TwitterやInstagramで自分の実績を発信してみましょう。

 

TwitterやInstagramでは、たくさんの人が日々の活動を発信しています。
それを見るだけでもやる気が出てきますし、自分の活動の発信をして他の人から「いいね」などの反応があればさらにやる気アップです。

 

ひそかにレッスンを進めたい人も、匿名アカウントで参加すれば身近な友人などにはバレずにレッスンを続けられます。
成果が現われてきて、「あれ?最近なんか変わった?」なんて聞かれたら「じつはね。。」ってカミングアウトしてあげましょう。

 

目標設定を楽しいことにする

目標設定は楽しいことにすると継続の力になります。

 

  • 10kgやせたらご褒美に海外旅行へ行く
  • 10kgやせたらご褒美に新しい服を買いに行く

 

など

じつはこれはメンタリストDaiGoさんが言ってることで、モチベーションを作るためのゴール設定をすることが大事なんですって。

 

例えば、ダイエットをするときに「体重45kgまでやせる」「体脂肪率を20%にする」とかいうありがちな数値的な目標は人の潜在意識的にうま味がないらしくモチベーションの維持が難しいそうです。

 

「体重45kgまでやせたら何がしたいか?」この何がしたいかというゴールを設定することでモチベーションを作り出すことができるといこうことです。

 

大切なのは、「何がしたいか」を楽しいことにすることです。

 

明るい未来を想像して具体的な楽しい目標設定をしてください。

 

おすすめのオンラインフィットネス

 

おすすめのオンラインフィットネスサービスはこの3つです。

 

 

この3つのおススメのサービスについては「無料あり:体育教師の僕がおすすめするオンラインフィットネス3社」や「LEAN BODY(リーンボディ)の口コミ・レビュー | 実際にやってみた感想」で詳しく説明しているので参考にしてください。

 

まとめ

 

ということで今回はオンラインフィットネスのメリット、デメリットの解説と継続するコツについて紹介しました。

 

個人的にはこれからはオンラインフィットネスが主流になってくるのだと思います。

 

それぞれのライフスタイルにあわせて上手に取り入れれば、みんな明るくハッピーになれるんじゃないでしょうか。

 

さいごまでお読みいただいてありがとうございます。
今回の記事が参考になれば幸いです。