アフィリエイト広告を利用しています

筋トレで腰を痛めた原因と予防法|初心者でも分かる徹底解説

こんにちは!筋トレで腰を痛めてしまったことはありませんか?

筋トレは健康的であると同時に怪我のリスクもあるため、正しいやり方を知っていることが重要です。

今回は、筋トレで腰を痛めた原因と予防法について、初心者でも分かりやすく徹底解説します。

 

【筋トレで腰を痛めた原因】

腰を痛めてしまう原因は様々ですが、代表的なものをご紹介します。

1.フォームが悪い

筋トレのフォームが悪いと、腰に負担がかかります。

例えば、スクワットをする際に膝を曲げすぎたり、背中を丸めてしまうと腰に負担がかかってしまいます。

2.筋肉のバランスが悪い

筋肉のバランスが悪いと、腰に負担がかかりやすくなります。

例えば、腹筋が弱く、腰の周りの筋肉が硬くなっていると腰に負担がかかってしまいます。

3.過剰な負荷

筋トレで過剰な負荷をかけると、腰に負担がかかります。

例えば、ウエイトを使ったデッドリフトで、自分の体重よりも重いものを持ち上げると腰に負担がかかってしまいます。

4.運動不足

筋肉が弱い状態で筋トレをすると、腰に負担がかかりやすくなります。

運動不足の人は、腰の周りの筋肉が硬くなっているため、急激な運動によって腰に負荷がかかります。

【筋トレで腰を痛めないための予防法】

筋トレで腰を痛めないためには、以下の予防法を実践しましょう。

1.正しいフォームで筋トレをする

筋トレをする際には、正しいフォームを身につけましょう。

例えば、スクワットをする際には、膝を曲げすぎず、背中を丸めないようにしましょう。

2.筋肉のバランスを整える

筋肉のバランスを整えるためには、全身の筋肉をバランスよく鍛えることが大切です。

特に、腹筋や背筋、お尻の筋肉など、腰周りの筋肉を重点的に鍛えることで腰にかかる負担を軽減することができます。

3.負荷を控えめにする

筋トレは少しずつ徐々に負荷を増やしていくことが大切です。

初めての筋トレで過剰な負荷をかけると、怪我の原因となるため、無理をせずに自分に合った負荷でトレーニングを行いましょう。

4.適度な運動をする

筋トレだけではなく、適度な有酸素運動を取り入れることで、全身の筋肉を柔軟にし、血行を良くすることができます。

また、運動不足解消にも繋がります。

5.十分な休息をとる

筋トレ後は、十分な休息をとることが大切です。

筋肉が成長するのは、トレーニング後の休息時であるため、十分な休息をとりましょう。

まとめ

筋トレで腰を痛めてしまう原因は、フォームが悪い、筋肉のバランスが悪い、過剰な負荷、運動不足などが考えられます。

予防法としては、正しいフォームで筋トレを行い、筋肉のバランスを整え、負荷を控えめにし、適度な運動を取り入れ、十分な休息をとることが重要です。

しっかりと予防法を実践して、健康的な筋トレライフを送りましょう!

関連記事

筋トレ中のぎっくり腰、できれば経験してほしくない出来事です。 西洋では「魔女の一撃」といわれているぎっくり腰ですが、なった瞬間ホントに魔女の一撃を食らったかのような衝撃で腰が砕け落ちます。 ぎっくり腰になってしまうと少なくとも2[…]