アフィリエイト広告を利用しています

キャリアの進め方|自分に合ったキャリアパスを見つける4つのステップ

あなたは今のキャリアに不満を感じていませんか?

もしそうであれば、それは自分に合ったキャリアパスを見つけていないからかもしれません。

でも、大丈夫です。

本記事では、あなたに合ったキャリアパスを見つけるための4つのステップをご紹介します。

これらのステップを実践することで、あなたが満足できるキャリアパスを見つけることができるようになるんです。

それでは、さっそく見ていきましょう!

キャリアパスを見つける重要性

キャリアパスを見つけることは「やる気」「収入」「自己実現」の3つの面から重要と考えられます。

  • やる気
    自分に合わないキャリアに就くとストレスを感じてやる気が出なくなりますよね。一方、自分に合ったキャリアに就くと、やりがいを感じ、仕事に対する意欲が高まります。
  • 収入
    自分に合ったキャリアを選ぶことで、収入や待遇が向上する可能性があります。自分のスキルや興味に合ったキャリアに進むと、より高い給与や福利厚生を得ることができますし、キャリアアップを目指すことで、昇進やボーナスなどのメリットを得ることもできます。
  • 自己実現
    自分に合ったキャリアパスを選ぶことで、自己成長や自己実現のための機会が増えます。自分の能力や興味に合ったキャリアに進むことで、自発的に新しいスキルや知識を身に付ける行動が促されます。自己実現のための目標を設定し、それに向けて努力することで、自分の理想のキャリアを実現することが可能になります。

このように書き出してみれば、どれも当たり前のことばかりです。

しかし自分の周りを見てください。この当たり前のことができていない人が大多数を占めていませんか?

キャリアパスを見つけることは、まずキャリアパスを見つけるという意識を持つことから始まります。

今、その意識を持ったあなたは周りから一歩リードしたといえるでしょう。

ステップ① 自分自身の分析

自分自身の分析は、キャリアパスを見つける上で非常に重要なステップです。

自己分析を行うことで、自分自身の特徴や傾向を把握し、それによって、自分に合ったキャリアパスを見つけることができます。

具体的には以下の4つの項目について自分自身を分析します。

  • 自分のスキルや能力を洗い出す
  • 自分の価値観を明確にする
  • 自分の興味や関心を把握する
  • 過去の経験を振り返る

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

自分のスキルや能力を洗い出す

自分自身のスキルや能力を洗い出す方法は、以下のような手順で行うことができます。

  1. 職務経歴書や履歴書を作成する
    ちょっと意外かもしれませんが、履歴書の作成は自己分析にとても役に立ちます。もう一度入社面接を受けるような気持ちで丁寧に職務経歴書や履歴書を書いてみて下さい。自分がこれまでに行ってきた仕事や、そこでの役割・責任をまとめた職務経歴書や履歴書を丁寧に作成することによって、自分がどのような経験やスキルを持っているかを整理することができます。
  2. 身近な人からのフィードバックを聞く
    自分自身では気づかない部分もあるため、身近な人に自分の長所や短所を聞いてみることも有効です。職場の同僚や上司、友人や家族など、信頼できる人からのフィードバックを得ることで、自分が持っているスキルや能力を客観的に知ることができます。
  3. 自己評価を行う
    自己評価とは、自分自身で自分のスキルや能力を客観的に評価することです。自己評価は自己評価テストを受けることで、自分のスキルや能力を客観的に見ることができます。たとえば、DISC分析やMBTI(マイヤーズ・ブリッグスタイプ指標)などのテストがあります。自己評価を行うことで、自分がどのような仕事に向いているのか、自分が得意なことや苦手なことは何かなどを振り返ります。

自分の価値観を明確にする

自分の価値観を明確にするためには、以下のような方法があります。

  1. 自分にとって重要なことを考える
    自分にとって何が重要かを考えることが大切です。例えば、家族や友人との関係性、自分自身の成長や挑戦、社会貢献などが挙げられます。自分にとって何が本当に大切なのかを考えることで、自分の価値観を明確にすることができます。
  2. 自分が尊敬する人物を考える
    自分が尊敬する人物を挙げ、その人物が持つ価値観を考えることも有効です。尊敬する人物が何を大切にしているのかを知ることで、自分自身の価値観を明確にすることができます。
  3. 自分自身の行動や決断を振り返る
    自分自身が過去に行った行動や、決断したことを振り返ることで、自分自身の価値観を明確にすることができます。自分自身が何を大切にしているのかを知ることで、自分の価値観を見出すことができます。
  4. 共感できる本を考える
    過去に読んだ本の中で、自分が心から共感した本を振り返ります。共感した理由を考え、その本に込められた価値観をリストアップし、それらの共通点や傾向を分析する。得られた共通点や傾向をもとに、自分の本当に大切にしている価値観を見出します。

自分の興味や関心を把握する

自分の興味や関心を把握するためには、以下のような方法があります。

  1. 趣味や娯楽の嗜好を考える
    自分が普段どのような趣味や娯楽を楽しんでいるかを振り返ることで、自分の興味や関心がある分野を把握することができます。たとえば、音楽やスポーツ、読書や映画など、自分が好きなものを考えてみることができます。
  2. 人生の中で特に感動した経験を振り返る
    これまでの人生で特に感動した経験を振り返ることで、自分が興味を持っている分野や、人生で大切にしている価値観を把握することができます。たとえば、旅行や文化交流などの体験、社会貢献活動、起業などに挑戦した経験などが該当します。
  3. 興味を持っている分野について調べる
    自分が興味を持っている分野について、本や記事、動画などを調べることで、より深く理解することができます。さらに、専門家や業界人にインタビューすることで、その分野の仕事や業界の現状、将来性などを知ることができます。
  4. 知人のアドバイスを聞く
    自分が興味を持っている分野に詳しい知人や、同じ分野で働く人からアドバイスをもらうことで、自分が向いているキャリアや、その分野での就職の現状などを知ることができます。

過去の経験を振り返る

過去の経験を振り返ることは、先ほどまで説明してきた「自分のスキルや能力を洗い出す」「自分の価値観を明確にする」「自分の興味や関心を把握する」の総括的なステップになります。

過去の経験を振り返ることで、自分自身がどのような仕事や環境で働くことが適しているかを考えることができます。

  1. 職務経験の振り返り
    これまでにどのような職務に従事したかを振り返ります。その中で、自分がどのような業務に興味を持ち、どのような業務が得意だったかを考えます。また、仕事を通じて得たスキルや知識も把握しましょう。
  2. 学歴・資格の振り返り
    学歴や取得した資格も、過去の経験を振り返る上で重要な要素です。自分が学んだことや、どのような資格を取得したかを振り返り、それが自分自身にどのような影響を与えたかを考えます。
  3. アルバイトやボランティア活動の振り返り
    これまでに経験したアルバイトやボランティア活動も、自己分析において重要な要素です。それらを通じて得たスキルや知識、そして自分がどのような活動に興味を持ち、どのような活動に意欲的に取り組んだかを振り返ります。
  4. 人間関係の振り返り
    過去の経験を振り返る際には、人間関係も大切な要素です。職場や学校、アルバイトやボランティア活動などで出会った人たちとの関係性を振り返り、自分自身がどのような人間関係を好むかを考えます。

 

\\自己分析をプロに相談する//

ステップ② キャリアの選択肢をリサーチ

キャリアパスを見つけるためには、まず自分にとってのキャリアの選択肢をリサーチすることが重要です。

自分に合ったキャリアを見つけるために様々な選択肢を調べましょう。

キャリアの選択肢をリサーチするためには、以下のポイントに注意します。

  • 情報源を多角的に収集する
  • 自分のキャリアの希望条件を明確にする
  • 業界や企業の特徴を把握する
  • ネットワークを活用する

それぞれ解説します。

情報源を多角的に収集する

キャリアの選択肢をリサーチするためには、情報源を多角的に収集することが重要です。

以下に具体的な情報源をいくつか紹介します。

  1. 求人情報サイトや転職エージェント
    求人情報サイトや転職エージェントでは、様々な業界や企業の求人情報を確認することができます。リクルートエージェントやマイナビ、ビズリーチなど、複数の求人情報サイトを利用することで、より多角的な情報を収集することができます。専門のキャリアアドバイザーが求職者の希望条件に合わせて求人情報を提供してくれます。また、業界や企業に関する情報やトレンドも把握しているため、自分に合ったキャリアパスを見つける上で役立ちます。
  2. 業界団体のウェブサイト
    業界団体のウェブサイトでは、その業界のトレンドや将来性、業界の特徴などを知ることができます。また、業界内で活躍する人たちのインタビューや、業界に関するイベント情報なども掲載されているため、情報収集に役立ちます。
  3. SNS
    InstagramやTwitterなどのSNSでは、自分が興味を持っている業界や企業で働いている人たちの投稿を見ることができます。自分の興味を持っている分野で活躍している人たちの情報を得ることで、業界や企業の最新情報を知ることができます。

これらの情報源を活用することで、より多角的な情報収集が可能になり、自分に合ったキャリアパスを見つけることができます。また、情報収集の際には、信頼できる情報源を選ぶことも重要です。

自分のキャリアの希望条件を明確にする

自分のキャリアの希望条件を明確にすることは、リサーチの対象を絞り込み、自分に合ったキャリアを見つける上で非常に重要なポイントです。

以下に具体的な方法をいくつか紹介します。

  1. 自分にとって重要な条件をリストアップする
    自分が仕事で求める条件を、紙やノートに書き出して整理することで、自分自身が何を求めているのか明確にすることができます。例えば、年収、勤務地、勤務時間、休暇日数、福利厚生、職場の雰囲気、自己成長の機会など、自分にとって重要な条件をリストアップしましょう。
  2. 条件を優先順位付けする
    自分にとって重要な条件をリストアップしたら、その中でどの条件が最も重要なのか、優先順位をつけましょう。自分にとって最も大切な条件を明確にすることで、リサーチの対象をさらに絞り込むことができます。
  3. 過去の経験を振り返る
    過去に経験した仕事や職場で、自分がどのような条件を重視していたかを振り返ることも重要です。どのような仕事が自分にとってやりがいを感じるのか、どのような職場環境が自分に合っているのか、過去の経験を振り返ることで自分自身のキャリアに対する考え方をより深めることができます。

自分自身が求めるキャリアの条件を明確にすることで、自分に合ったキャリアを見つけるためのリサーチの対象を絞り込むことができます。

とはいえ、条件が明確になっても、キャリアパスを見つけるためには、自分自身のスキルや能力、興味や関心、過去の経験などを考慮に入れる必要がありますよね。

全体的なバランスを考えた上で、自分に合ったキャリアを見つけましょう。

業界や企業の特徴を把握する

業界や企業の特徴を把握することは、自分に合ったキャリアを見つけるために非常に重要となります。

以下の方法で特徴を把握しましょう。

  1. 業界の将来性を調べる
    業界の将来性を調べることで、自分が興味を持っている業界が将来的にどうなるかを予測することができます。そのために、業界の統計データや調査レポートなどを調べることが必要です。また、専門家や業界関係者の意見を聞くことも有益です。
  2. 業界の競合状況を把握する
    自分が興味を持っている業界の競合状況を調べることで、業界内での企業の立ち位置やその企業の強みを理解することができます。業界の主要企業のサイトを調べたり、業界関連のニュースを読むことで、競合状況を把握することができます。
  3. 企業の社風や特徴をリサーチする
    自分が興味を持っている企業の社風や特徴を調べることで、その企業で働くイメージをつかむことができます。企業のウェブサイトやSNSアカウント、従業員の口コミサイトなどから情報を収集しましょう。また、業界イベントやセミナーに参加することで、業界や企業に関する情報を得ることができます。

とはいえ、業界や企業の特徴を自分の力だけで調査するのはとても難しいですよね。

「情報源を多角的に収集する」でも紹介しましたが、求人情報サイトや転職エージェントを上手に利用して情報を調べましょう。

ネットワークを活用する

ネットワークを活用する方法には、以下のようなものがあります。

  1. アルムナイネットワークを利用する
    自分が卒業した大学や専門学校などのアルムナイネットワークを利用することで、同じ学校を出た先輩や同級生などとつながることができます。その中で、自分が興味を持っている業界や企業に勤めている人がいれば、直接話を聞いて情報を得ることができます。
  2. イベントに参加する
    業界や企業が主催するイベントに参加することで、その業界や企業の人たちと直接会うことができます。自分の興味がある業界や企業のイベントに積極的に参加することで、多くの人と出会い、ネットワークを広げることができます。
  3. メンターを見つける
    自分が興味を持っている業界や職種で成功を収めている人を見つけ、メンターになってもらうことで、自分にとって必要なアドバイスや情報を得ることができます。自分自身が目指すキャリアを持っているメンターを見つけることで、より具体的なアドバイスをもらうことができます。

これらの方法を利用することで、自分にとってマッチするキャリアを見つけるための情報を得ることができます。

ネットワークを活用する際には、自分から積極的にアプローチすることが大切です。

また、自分自身のプロフィールやキャリア目標を明確にしておくことも、相手にアプローチしやすくするために重要です。

 

\\キャリアリサーチをプロに相談する//

ステップ③ 自分に合ったキャリアを評価

以下のポイントに注意して自分に合ったキャリアを評価しましょう。

  1. 自分自身のスキルや能力とのマッチング
    自分が持っているスキルや能力と、そのキャリアで必要なスキルや能力がマッチしているかどうかを確認することが重要です。自分の強みとそのキャリアで求められる能力とを照らし合わせ、自分に合ったキャリアであるかどうかを評価しましょう。
  2. そのキャリアでの将来性
    選んだキャリアが将来的にも発展性があるかどうかを考えることも重要です。業界や企業の将来性、需要の変化、技術の進化などを予測し、自分が選んだキャリアが長期的にも有望であるかどうかを見極めましょう。
  3. 自分にとってのワークライフバランス
    キャリア選択において、自分にとってのワークライフバランスも重要なポイントです。自分がどの程度の仕事量や残業、プライベートの時間を持ちたいのかを明確にし、そのキャリアでそれが実現できるかどうかを評価しましょう。
  4. そのキャリアでの報酬や待遇
    キャリア選択において、報酬や待遇も重要なポイントです。自分が選んだキャリアで得られる報酬や待遇が自分にとって十分なものであるかどうかを評価しましょう。

以上のように、自分に合ったキャリアを評価するためには、自分自身のスキルや能力、そのキャリアでの将来性、ワークライフバランス、報酬や待遇などを総合的に考慮することが重要です。

また、自分にとって重要なポイントをリストアップしておくことも、評価の際に役立ちます。

 

\\キャリア評価をプロに相談する//

ステップ④ キャリアパスの設計

自己分析を行い、キャリア選択肢をリサーチした後は、次に自分自身のキャリアパスを設計する必要があります。

キャリアパスの設計は以下のステップで行います。

  • 長期的なビジョンを設定する
  • 中期的な目標を設定する
  • 具体的なアクションプランを立てる

順番に説明します。

長期的なビジョンを設定する

長期的なビジョンを設定するには、以下のような方法があります。

イメージング法を使う

イメージング法とは、自分がなりたい将来像を具体的にイメージし、それを書き出す方法です。

イメージング法を使って長期的なビジョンを設定する場合、以下のような手順を踏みます。

  • ①落ち着いた環境でイメージをしやすい状態になる
    まずは、落ち着いた環境で自分自身をリラックスさせ、イメージをしやすい状態になることが大切です。例えば、お気に入りの音楽を聴いたり、リラックスできる場所にいったりすることで、自分自身をイメージしやすい状態になります。
  • ②イメージを紙に書き出す
    自分自身がなりたい将来像をイメージし、それを紙に書き出します。このとき、具体的なイメージを書き出すことが大切です。例えば、「10年後には、自分が○○という仕事で活躍している」といった具体的な将来像を書き出しましょう。
  • ③ビジョンを定着させる
    書き出したビジョンを、日々目にするようにして定着させることが大切です。例えば、書き出したビジョンを自分の机の上に貼り付けたり、スマートフォンの待ち受け画面に設定するなどして、常に目にするようにするとよいでしょう。
  • ④定期的に見直す
    長期的なビジョンは、常に変化する可能性があります。そのため、定期的に見直し、修正することが大切です。自分自身の状況や目標に合わせて、ビジョンを修正し、具体的なアクションプランに反映させることで、より効果的なキャリアパスを設計することができます。

SWOT分析を行う

SWOT分析は、自己分析の一つで、自分自身の強み、弱み、機会、脅威を分析することで、自分に合った将来像を設定する手法です。

具体的には、以下の手順でおこないます。

  • ①自分自身の強みを洗い出す
    自分が得意なこと、自信を持っていること、周りから褒められることなど、自分自身の強みを洗い出します。例えば、コミュニケーション能力が高い、プログラミングが得意、マーケティングに興味があるなどが自分の強みになります。
  • ②自分自身の弱みを洗い出す
    自分が苦手なこと、不得意なこと、改善したいと思っていることなど、自分自身の弱みを洗い出します。例えば、プレゼンテーションが苦手、数字に弱い、英語が苦手などが自分の弱みになります。
  • ③自分自身の機会を洗い出す
    自分が今後活用できる機会、自分の可能性を広げることができる機会など、自分自身の機会を洗い出します。例えば、海外赴任ができる、新しい技術を学ぶ機会がある、転職市場が活発な分野であるなどが自分の機会になります。
  • ④自分自身の脅威を洗い出す
    自分が今後直面する可能性のある脅威、自分のキャリアアップを妨げる要因など、自分自身の脅威を洗い出します。例えば、業界が不況になる、スキルが陳腐化する、他の候補者と比較して劣っているなどが自分の脅威になります。

ビジョンボードを作る

ビジョンボードを作るためには、以下のような手順があります。

  • ①テーマを決める
    まずは、ビジョンボードに貼り付ける写真や文章のテーマを決めます。例えば、自分の理想のキャリアやライフスタイル、旅行先など、自分が目指す将来像に関するテーマを選ぶと良いでしょう。
  • ②必要な素材を集める
    次に、テーマに合った写真や文章を集めます。自分で撮った写真や、インターネットから集めた画像など、自分が好きなものを集めることが大切です。また、具体的なイメージを探すために、PinterestやInstagramなどのSNSを活用するのもおすすめです。
  • ③ボードを用意する
    ビジョンボードを作るためには、ボードが必要です。キャンバスや紙、コルクボードなど、自分が使いやすいものを選びましょう。
  • ④貼り付ける
    集めた素材をボードに貼り付けます。写真を貼ったり、文字を書いたり、装飾を加えたりして、自分だけのオリジナルなビジョンボードを作りましょう。
  • ⑤定期的に見直す
    ビジョンボードを作ったら、定期的に見直すことが大切です。自分が目指す将来像が変化したり、新しいアイデアが浮かんだりしたら、ボードを更新しましょう。

以上のような方法を使って、自分自身の長期的なビジョンを明確にすることができます。自分自身が目指す将来像をより明確にすることで、中期的な目標や具体的なアクションプランを立てやすくなります。

中期的な目標を設定する

中期的な目標を設定するためには、以下のようなステップを踏むと良いでしょう。

  1. 長期的なビジョンに基づいて、次の2〜3年で達成したい目標をリストアップする
    例えば、長期的なビジョンが「自分自身のビジネスを持ち、起業すること」であれば、次の2〜3年で達成したい目標は、ビジネスを始めるための資金を貯める、ビジネスに必要なスキルを習得する、ビジネスアイデアを練り上げるなどといったものが考えられます。
  2. 中期的な目標を優先順位付けする
    リストアップした中期的な目標を、長期的なビジョンに向かって重要度の高いものから順に並べ替えます。この時、自分自身の優先順位や状況に合わせて、適宜調整することが大切です。
  3. 具体的なステップを設定する
    中期的な目標を達成するために、具体的なステップを設定します。例えば、ビジネスを始めるための資金を貯める場合、月々の貯蓄目標を設定したり、節約術を実践するなどのステップが考えられます。また、ビジネスアイデアを練り上げる場合は、アイデアを出しやすい環境を作ったり、アイデア出しのためのワークショップに参加するなどのステップが考えられます。

中期的な目標を設定することで、長期的なビジョンに向かって具体的なステップを踏みやすくなります。また、目標設定によって自分自身のやるべきことが明確になるため、効率的にキャリアを進めることができます。

具体的なアクションプランを立てる

具体的なアクションプランを立てるには、以下のような手順があります。

  1. 目標を分解する
    中期的な目標を達成するために必要なアクションを特定し、それをさらに細かく分解します。例えば、あるスキルを習得するには、どのようなステップを踏む必要があるか、またそのステップを達成するために必要なタスクは何かを明確にします。
  2. ステップごとに期限を設定する
    目標を分解したら、それぞれのステップに対して期限を設定します。期限を設定することで、タスクの優先順位が明確になり、計画通りに進めることができます。
  3. 必要なリソースを特定する
    目標を達成するために必要なリソース(お金や時間、人材など)を特定し、それらを確保する方法を考えます。例えば、スキルアップのための専門書やコースを受講するための予算を確保する必要がある場合は、そのための手段を検討します。
  4. 実行の可能性を確認する
    設計したアクションプランが実行可能かどうかを確認します。目標を達成するために必要なスキルや知識が不足している場合は、それらを補うための方法を検討し、実行可能なプランに修正します。

以上が、具体的なアクションプランを立てるための手順です。自分自身が目標を明確にし、アクションプランを具体的に設計することで、キャリアパスを着実に進めることができます。

 

\\キャリアパス設計をプロに相談する//

まとめ

自分に合ったキャリアパスを見つけるためには、自己分析やキャリアの選択肢のリサーチ、自分に合ったキャリアを評価し、具体的なキャリアパスの設計が必要です。
これらのステップを踏んで、自分自身が希望する将来像や目標に合わせたキャリアパスを設計しましょう。

自己分析の際には、自分自身の強みや弱み、興味や価値観を把握することが大切となります。
キャリアの選択肢をリサーチする際には、自分が興味を持っている分野や市場需要の高い分野を調べることがポイントです。
また、自分に合ったキャリアを評価する際には、自分自身が希望する職種や環境について考え、それに合った選択肢を選びましょう。

キャリアパスの設計においては、長期的なビジョンや中期的な目標を設定し、具体的なアクションプランを立てることが重要です。
自分自身が目指す将来像を明確にすることで、中期的な目標や具体的なアクションプランを立てやすくなります。
また、設計したキャリアパスに沿って、定期的に自己評価を行うことも大切なアクションです。
自分自身の進捗状況を把握し、必要に応じてアクションプランを修正することで、より効率的にキャリアを進めることができます。

最後に、キャリアパスの設計には時間や努力が必要ですが、自分自身が希望する将来像に向かって進んでいくことで、自己成長や充実感を得ることができます。

自分自身の強みや価値観に合ったキャリアパスを見つけ、自分らしい人生を歩んでいきましょう。

関連記事

仕事を続けるべきか辞めるべきかの決断は、人生において非常に重要な選択です。 誰にとっても悩ましい問題であり、選択によって自分自身の将来が大きく変わる可能性があります。 しかし、この決断をするために必要な情報と考え方があることを知[…]