アフィリエイト広告を利用しています

GROWモデルを使って、個人とチームの成果を最大限に引き出す方法

 
自分やチームの成果が出せず、モチベーションが上がらない
目標を設定しても、達成できない
チームのコミュニケーションがスムーズにいかない

といった悩みを持っている方は多いですよね。

今回の記事では、GROWモデルについて解説してそれらの悩みを解消させます。

この記事を読むとこんなことが分かります

  • GROWモデルの基礎知識から具体的な適用方法
  • GROWモデルの4つの要素(Goal、Reality、Options、Will)が何を意味するのか?どのように役立つのか?
  • 個人やチームの成果を最大限に引き出すための具体的な方法
  • パフォーマンスを向上させるための効果的な方法

GROWモデルの概要

GROWモデルとは、目標達成のためのフレームワークです。

GROWとは、Goal(目標)、Reality(現状)、Options(選択肢)、Will(意欲)の頭文字をとったものです。

このモデルは、コーチングやパフォーマンスマネジメントなどで広く使用されています。

GROWモデルの4つの要素

  1. Goal(目標)
    この要素では、達成したい目標を明確に設定することが重要です。
  2. Reality(現状)
    この要素では、現状を客観的に見つめ、目標達成に必要なスキルやリソースを把握することが重要です。
  3. Options(選択肢)
    この要素では、目標を達成するための選択肢を考え、その中から最適な方法を選ぶことが重要です。
  4. Will(意欲)
    この要素では、目標達成に向けた強い意欲を持ち、実際に行動に移すことが重要です。

GROWモデルの適用の利点

  • 明確な目標設定を行うことで、目標に向かって進むための方向性が明確になります。
  • 現状を客観的に見ることで、目標達成に必要なスキルやリソースを正確に把握することができます。
  • 選択肢を考えることで、目標達成に向けた戦略を立てることができます。
  • 意欲を持つことで、目標達成に向けた強い原動力を発揮することができます。

最後の意欲を持つことが非常に重要であり、GROWモデルはその意欲を高めるための手法を提供するものとも言えます。

GROWモデルの具体的な適用方法

GROWモデルを使用して個人やチームの成果を最大限に引き出す方法として、GROWモデルの各要素についての具体的な質問やアプローチを解説します。

Goal(目標)の要素

目標は明確で、実現可能なものであることが重要です。
目標が明確であることで、行動計画を立てることが容易になります。

✔ 目標について考える際に役立つ質問

  • どのような目標を達成したいですか?
  • 目標が実現可能かどうかをどのように判断しますか?
  • 目標を達成するために必要なステップは何ですか?
  • 目標を達成するために必要な資源は何ですか?

Reality(現状)の要素

現状を正確に把握することで、目標を達成するために必要な課題を特定することができます。

✔ 現状を把握するための質問

  • 現在の状況はどうですか?
  • 目標を達成するための障害は何ですか?
  • 目標を達成するために必要なスキルや知識は何ですか?
  • 現在のリソースは目標を達成するのに十分ですか?

Options(選択肢)の要素

Optionsでは、目標を達成するためのさまざまな選択肢を考え、その中から最適な選択肢を選びます。

✔ 選択肢を考えるための質問

  • 目標を達成するためにどのような選択肢がありますか?
  • それぞれの選択肢のメリットとデメリットは何ですか?
  • 目標を達成するために最も効果的な選択肢は何ですか?
  • 最適な選択肢を選ぶためにどのような情報が必要ですか?

Will(意志)の要素

Willでは、目標を達成するために必要な行動計画を立て、実際に行動に移すことが重要です。

✔ 行動計画を立てるための質問

  • 具体的に何をする必要がありますか?
  • どのように行動を開始しますか?
  • 行動の進捗状況をどのように追跡しますか?
  • 行動を継続するためにどのような支援が必要ですか?

以上が、GROWモデルの各要素についての具体的な質問です。

これらの質問を用いることで、目標を明確化し、現状を正確に把握し、選択肢を考え、最終的に行動計画を立てることができます。

また、これらの質問を個人だけでなく、チームで共有することで、チームの方向性を明確化し、共通の目標に向かって行動することができます。

シナリオを考える

あなたは、自分のキャリアを考える上で、目標を設定する必要があります。

まず、Goalの要素について考え、次のような目標を設定します。

  • 1年以内に、新しいスキルを習得し、そのスキルを活かした仕事をする。

次に、Realityの要素について考え、現状を把握します。以下は、現状を把握するための質問例です。

  • 現在のスキルや知識はどの程度ですか?
  • 習得したいスキルに必要な知識やスキルは何ですか?
  • 習得に必要な時間やコストはどの程度ですか?

Optionsの要素では、さまざまな選択肢を考えます。以下は、選択肢を考えるための質問例です。

  • スキルを習得するために、どのような方法がありますか?
  • 習得するためのコースやトレーニングはどのようなものがありますか?
  • スキルを習得した後、どのような仕事があるのか調べましたか?

最後に、Willの要素では、具体的な行動計画を立てます。以下は、行動計画を立てるための質問例です。

  • スキル習得に必要な時間やコストを考えて、具体的なスケジュールを立てましょう。
  • どのようなサポートが必要ですか?誰から支援を得ることができますか?
  • スキルを習得するための評価基準は何ですか?習得したスキルをどのようにアピールしますか?

このように、GROWモデルを使うことで、目標を明確にし、現状を把握し、選択肢を考え、最終的に具体的な行動計画を立てることができます。

個人だけでなく、チームでもGROWモデルを活用することで、共通の目標に向かって一致団結し、成果を最大限に引き出すことができます。

GROWモデルを使った個人の成果最大化

GROWモデルを使って個人の成果を最大限に引き出すためには、自己啓発や目標設定、キャリア開発にGROWモデルを適用することが重要です。

自己啓発にGROWモデルを適用する方法

  • Goalの要素
    自己啓発の第一歩は、目標を設定することです。この目標は、明確で具体的であり、自分自身が納得し、自分自身を刺激するものである必要があります。具体的な目標を設定することで、自己啓発の方向性が明確になります。
  • Realityの要素
    自分自身の現状を把握します。自分自身のスキルや経験、弱点や課題、現在の状況などを客観的に評価することが重要です。自己評価には、自己分析、他者からのフィードバック、アセスメントテストなどが役立ちます。
  • Optionsの要素
    自分自身の目標と現状を明確にしたら、次に、目標を達成するための選択肢を考えます。具体的には、何を学びたいのか、どのようなスキルを身につけたいのか、どのようなアクションを取ることができるかを考えます。
  • Willの要素
    目標を達成するための意欲を高めることが重要です。自己啓発は自発的なものであり、自分自身がやりたいと思うことを継続的に行うことが必要です。具体的には、目標達成のためのスケジュールを作成し、アクションプランを策定することが役立ちます。

キャリア開発にGROWモデルを適用する方法

キャリア開発は、自分自身のキャリアを発展させることです。

  • Goalの要素
    自分自身のキャリアに関する目標を設定します。自分が将来どのようなキャリアを築きたいのか、どのようなポジションや役割を担いたいのかを明確にしましょう。目標は明確で、かつ、具体的であることが大切です。たとえば、「マネージャーになる」という目標を設定する場合、具体的にどの分野のマネージャーになりたいのか、いつまでにその目標を達成したいのかを明確にすることが必要です。
  • Realityの要素
    自分自身の現状を把握します。自分がどのようなスキルや経験を持っているのか、また、どのようなキャリアパスを歩んできたのかを振り返ります。自分の強みや弱み、改善すべき点を明確にし、今後のキャリア開発に役立てましょう。
  • Optionsの要素
    自分自身が目標を達成するために必要なスキルや知識を身につけるための選択肢を探します。例えば、必要なスキルを身につけるためのトレーニングプログラムや、業界団体のイベントに参加することが考えられます。また、新しいプロジェクトに参加することで、新しいスキルを身につけることもできます。
  • Willの要素
    具体的なアクションプランを立てます。自分が目標を達成するために、何をする必要があるのか、どのように行動するのかを具体的に考えましょう。目標を達成するために必要な行動をリストアップし、それぞれの行動に対して期限を設定し、責任者を決定します。また、定期的に進捗状況をチェックし、必要に応じてアクションプランを修正することも重要です。

GROWモデルを使うことで、自己啓発やキャリア開発において、より具体的で実現可能な目標を設定し、適切な方法を選択し、具体的な行動計画を立てることができます。

これにより、個人の成果を最大限に引き出すことができます。

まとめ

この記事では、GROWモデルを使用して個人の成果を最大限に引き出す方法について紹介しました。

以下は、まとめとしてのポイントです。

  • GROWモデルは、目標設定、問題解決、キャリア開発など様々な場面で活用できるモデルである。
  • GROWモデルの4つの要素(Goal、Reality、Options、Will)は、それぞれ目標設定、現状把握、選択肢探し、行動計画立案に役立つ。
  • 個人の成果最大化においては、自己啓発やキャリア開発にGROWモデルを適用することが重要である。
  • 具体的な質問やアプローチ、シナリオや事例を交えながら、GROWモデルを使って個人やチームの成果を引き出すことができる。

GROWモデルを活用することで、目標達成や成長を促進し、個人やチームの成功につなげることができます。

是非、この記事を参考にして、GROWモデルを自分自身やチームの成果を最大限に引き出すために活用してみてください。

関連記事

職場でのキャリアアップや自己成長のために、目標設定を行いたいと考えている人。   効果的な目標設定の方法がわからない キャリアアップやスキルアップに必要な目標が明確にならない 目標設定をしても達成できない といった[…]