アフィリエイト広告を利用しています

仕事に行くことに恐怖を感じたら|原因と対策を解説

仕事に行くことが怖くなってしまっている人。

例えば、

  • 仕事に行くのが怖い
  • 職場での人間関係が悩ましい
  • 仕事のプレッシャーが辛い

などの悩みがあるかと思います。

とはいえ、仕事に行くことに恐怖を感じる原因を探り、適切な対策を講じることで、あなたが心の負担を軽減し、安心して仕事に取り組めるようになる可能性もあります。

今回の記事では、恐怖の原因の探り方や対策について解説します。

仕事に行くことに恐怖を感じる原因を考える

仕事に行くことに恐怖を感じる理由を探ることは、問題を解決する上で非常に重要です。

自分自身の恐怖心の根本原因を理解することで、適切な対策を講じるための第一歩となります。

原因を特定するためには、自分の心の中をじっくりと見つめ直します

  1. 恐怖を感じる瞬間を振り返る
    自分がどんな状況で恐怖を感じるのか、具体的なシーンや状況を思い出してみましょう。
  2. 恐怖感の程度を確認する
    恐怖感が強い場合や、日常生活に大きな支障をきたす場合は、専門家の助けを借りることを検討してください。
  3. 職場環境や人間関係を分析する
    職場の状況や人間関係が恐怖感の原因である場合があります。具体的な問題点を特定し、改善のための対策を考えましょう。
  4. 自分の価値観や考え方を見つめ直す
    自分の価値観や考え方が恐怖感を助長していることがあります。自分の心の中にある制約や思い込みに気づき、それらを見直すことで恐怖感が軽減されることがあります。
  5. 心のストレスや疲れをチェックする
    過度のストレスや疲れが恐怖感を引き起こすことがあります。自分の心身の状態をチェックし、リラックスや休養を心掛けましょう。

これらの方法を使い心の奥底にある恐怖心を探って恐怖の原因を特定させましょう。

原因別の対策

仕事に行くことに恐怖を感じる原因は大きく3つに分類ができます。

  1. 仕事のプレッシャー
  2. 職場の人間関係
  3. 自己評価の低さ

それぞれについて解説していきます。

仕事のプレッシャー

仕事のプレッシャーは、業務の過密さや高い期待、締め切りの近さなどによって生じる、職場におけるストレスの一つです。

これが恐怖の原因となる理由は、プレッシャーが過剰になると心身への悪影響を及ぼし、職場でのパフォーマンスが低下し、さらにプレッシャーが増すという悪循環が生じるからです。

仕事のプレッシャーに対しては次のような対策が有効です。

タスク管理を工夫し、達成感を感じられる小目標を設定する

まず、今抱えている業務をすべて書き出します。

次にそれぞれの業務の優先順位を設定して並び変える。

ひとつの業務が終わるたびに書かれた内容を消し込んでいきます。

このように業務を見える化させるだけでプレッシャーが小さくなります。

上司や同僚からの期待を気にしない

周りの人からの期待を満たすために生きているわけでは無いのだから、過度に期待に応えようとする必要はありません。

周りの人や会社、あるいは社会に貢献できるように自分なりに行動するだけでいい。

満足するかしないかは相手が決めることで自分ではコントロールしきれません。

「期待に応えなければいけない」と考えるか、「自分なりの貢献をしよう」と行動するかは似ているようでまったく違う考え方なんですね。

このあたりの考え方のバランスがとれるようになると仕事のプレッシャーも小さくなります。

ストレス発散法を見つける(運動、趣味、瞑想など)

自分なりの何かしらのストレス発散法を見つけることも大切です。

運動や趣味、瞑想など何でもいいのでストレスを発散させられることがあれば仕事のプレッシャーに対抗することができます。

おすすめは軽い筋トレです。

筋力トレーニングをおこなうと「テストステロン」や「セロトニン」などいわゆる「幸せホルモン」の分泌が促されてメンタルヘルスを向上させる働きがあることが科学的にも裏付けされています。

ストレスは知らず知らずのうちに蓄積されて一気に爆発することが多いので、日々ストレスを蓄積させないようにストレス発散法を実践することは非常に大切です。

職場の人間関係

職場の人間関係が悪化すると仕事の遂行や自身の精神的安定が脅かされるために、仕事に対して恐怖感を感じる原因になります。

職場の人間関係に対しては以下のような対策が考えられます。

コミュニケーションスキルを向上させる

自分自身のコミュニケーションスキルを向上させることで人間関係が改善できそうなときは積極的にスキルアップを目指すのも有効な対策となります。

コミュニケーションスキルは「雑談力」をあげることに注力すると良い効果を発揮します。

関連記事

  初対面の人との会話ってめっちゃ疲れる。。 上司との沈黙が気まずい。。 取引先との商談が盛り上がらない。。 こういった悩みが全部解決する。 今回の記事では、五百田達成著「超雑談力」を要約します。   […]

雑談力

 

相談する

人間関係の問題では、パワハラやセクハラなどを受けている場合もあります。

そういった場合は、上司や会社、友人あるいは、公的な相談窓口に相談をすることが有効です。

人間関係が改善されそうにない、会社にハラスメントを黙認するような風土があるといった場合は、転職も含めて対策を考える必要もあります。

関連記事

職場でパワハラを受けた時にどう対処したらいいか分からない人。 パワハラは時間が経てば解決していくものではありません。 パワハラを受けている人、あるいは周りの人が何かアクションを起こすことでしか解決には向かわない問題です。 […]

自己評価の低さ

自己評価が低いと、自分の能力や成果に対する自信が持てず、仕事に対する不安が増します。

自信の欠如は、過去の失敗や他人との比較による劣等感からくることが多く、これが仕事に行くことに対する恐怖を引き起こします。

自己評価を高めるための対策

自分の強みや成果を振り返る

  • 成果や業績のリスト作成
    過去の仕事やプロジェクトでの成果や業績をリストアップします。具体的な数字や成果物を含めることで、自分の能力や貢献度を客観的に把握できます。
  • 定期的な振り返り
    定期的に(例:毎月、毎四半期)自分の成果や達成した目標を振り返ることで、自己評価を維持・向上させることができます。振り返りの際には、できたことに注目して、できなかったことには注目しません。できなかったことに対しては俯瞰的に見ることで素直に受け入れるようにします。そうすることで客観的に改善点にも注意を払うことができるようになり、自己成長に役立てられます。
関連記事

  また今日も仕事で失敗しちゃった。。。 お客さんや上司を怒らせてしまった。。。 同期のあいつは出世してるのに。。。俺はダメだ。。 仕事がうまくいかなくて、こういう風に悩むことってありますよね。 今回はアドラー心理学の[…]

失敗しても悩まない アドラー心理学の正の注目

スキルや知識を向上させるための勉強や研修を行う

自分が得意とする分野のスキルを底上げすることや、自分が不安に感じている分野やスキルを強化することで、自己評価が向上し、仕事に対する恐怖感が軽減されます。

研修やセミナーに参加したり、専門書を読んだり、オンラインコースを受講することで、自己評価を向上させることができます。

関連記事

キャリアアップを目指すなら自分の強みや弱みを見極めることが大切です。 とはいえ、   どうやって見極めればいいかわからない 自己評価をするツールがあれば知りたい といった悩みもありますよね。 今回の記事で[…]

ポジティブな自己肯定感を高める方法を学ぶ

以下の方法を取り入れて、ポジティブな自己肯定感を高めます。

  • 自己アファメーション
    自分に対してポジティブな言葉やメッセージを繰り返し唱えることで、自己評価を向上させることができます。
  • 他人との比較を避ける
    他人と自分を比較することは、自己評価を下げる原因となります。自分と他人を比較せず、自分の成長や成果に焦点を当てることが重要です。
  • 成功体験を意識的に思い出す
    過去の成功体験を意識的に思い出すことで、自己評価を向上させることができます。

まとめ

今回の記事のまとめです。

  • 原因を考えることの大切さ
    自分が仕事に行くことに恐怖を感じる理由を把握することで、適切な対策を見つけられるようになります。
  • 原因の探り方
    自分の感情や状況を振り返り、具体的な出来事や状況を特定しましょう。
  • 一般的な恐怖の原因と対策
    a. 仕事のプレッシャー:タスク管理を工夫する、ストレス発散法を見つける。
    b. 職場の人間関係:コミュニケーションスキルを向上させる、相談する。
    c. 自己評価の低さ:自分の強みや成果の振り返り、スキルや知識を向上させる、ポジティブな自己肯定感を高める。